五億年ボタンの思考実験から分かる、その人の優しさ

[adSense]

<五億年ボタンとは、ちょっと恐ろしい思考実験>

不思議な話が好きなあなたへ・・・
→俺が色々な人から聞いた不思議な話まとめその①

  五億年ボタンって思考実験を知ってますか?

簡単に説明すると、

  1. ボタンを押すと百万円もらえる。
  2. ボタンを押した瞬間から、何もない空間に飛ばされる。
  3. そこで五億年を過ごさなくてはいけない。
  4. 五億年の間は死ぬことはできない。
  5. 五億年が終了後に記憶は消されて百万円を受け取る。

という、「それってどうなの?」とツッコミどころ満載な設定の思考実験です。

ただし、

五億年から戻ってくると、ボタンを押した時から一瞬しか経過してないことにします。 (この辺りを理解できるかどうかで議論に参加できるかできないかが決まる・・・)

このまえ俺のパートナーにこの話をしたら、

「なにそれ、馬鹿なの?」

  と言われました。 どうやら意味が分かんなかったみたいなので、ある程度のSFの素養というか、リテラシーというか、経験が必要かもしれません。

ムズカシイ話は置いておいて、漫画を読もう!

これを題材にした漫画があるので、それを一読してください。

そのほうがわかりやすいです。 ここからどうぞ(PDFで直接見れます)

読みましたか?

[adSense]

この漫画の雰囲気とかセリフ回しがちょっとGANTZっぽくて好き。もしかしたら この作者は奥浩哉ファンなのかも。絵もCGだし。

五億年ボタン、の話が持つ設定のつたなさ

この話で不満なところがあって、それは「五億年」っていうアホみたいな時間の長さですね。 というのも 一億年、いや1000年でよくない?

一年でも嫌なのに!

(ちなみに、人間は半年の間脳に入力がないと気が狂うと言われている…らしい。WW2下に実験をやったんだとか。ソースなくてすみません)

ま、そんな細かい話はいいんです。馬鹿馬鹿しいほどこういう手の話は大衆に広がりますし。

あと、友達が言っていたのが

「百万円って少なすぎない?」という疑問。

これについては俺も初めそう思ったんだけど、漫画を読んでみてみてわかったのは、「繰り返し押してしまう」というのが味噌なのである程度少ないほうがいいんだと思う。

ところで、みなさんはこの、「五億年ボタン」が手元にあったらどうしますか?

じゃんじゃん押す派 の意見

  • 五億年っつっても終わったら一瞬だろ?ヨユーヨユー

  • 結局、なんのデメリットもなく百万ゲットできるんでしょ?

というのが多いようです。実際、漫画の中の登場人物もそういう風に言っていますね。

絶対押さない派 の意見

  • 五億年の苦痛が嫌すぎる

  • かわいそう

というのが圧倒的ですね。僕の意見は後述!  

この思考実験の本質とは?

この思考実験。

5億年、とか100万円とかの一見目を奪われがちな単語に惑わされてはいけません。

本質を見ましょう。 この思考実験の肝、それは

  • 5億年の自分を尊重するか、それとも無視するか。

です。

五億年の自分というのは、自分と別人だと考えてしまっていいんです。

だって記憶残らないんだし、後遺症もない(という設定です。たまにこれを忘れる人がいる)。

つまり、

極端に言えば、自分(記憶消去後)と全く関係ないんです。

五億年の自分が受けた苦痛を知らないまま、百万円を受け取ることができる

そこがポイントですね!

「あれ?これって何かに似てるなぁ」

と思ったら、それはクローン問題でした。

クローンの倫理問題とは? 人間がもしも内蔵を移植しないといけなくなった時、「臓器提供クローン人間」から臓器を抜き取り、移植する。提供したクローン人間はそのまま殺されます。 クローン

↑こういうことですね。 図の中で、

  • 左を五億年を過ごす自分
  • 右を百万円をもらう自分

に置き換えると・・・ あら不思議。まったく同じ話だとわかります。

しかし、この意見には反対意見もあってですね。

いや、クローンとは別の問題だ!だってクローンは自分と別の個体じゃないか。五億年ボタンの話は、あくまでも「自分」に起きている話だし

と言う人がいます。

アホか、と(´д`)

お前さ、記憶も後遺症もない「五億年中の自分」を「自分に起きている話」って認めるくらいなら、

同じ遺伝子をもったクローンだってまぎれも無く「自分に起きている話」だろ!!

クローンも、五億年ボタンも、

「自分ないようで自分である別の自分」の話なんです。(奇妙な表現ですねw)

あなたは見ず知らずの人に優しさを与えられるか?

クローンが利用される未来では、よく映画で題材にされますね。

有名どころだと、アイランド があります。

あとは、クローンと少し違いますが、私の中のあなた とか。

「私の中のあなた」はとても面白いですよ。

実際にあった話を元にしているらしいです。(ただ、ハリウッド作品の「実話を元にしている」は信用出来ないので話半分に聞きましょう)

とにかくSF感がなくてリアル。

予告編を見てもその辺りは特に感じます。

白血病の姉のドナーとなるために生まれてきた、妹がその両親を訴える…という話です。

話を五億年ボタンに戻して・・・

  僕は、五億年ボタンは「見ず知らずの誰かに優しくなれるか?」を聞く思考実験だと思っています。

例え記憶が無くなろうと、五億年間の苦痛を味わうハメになる”別の自分”に優しくなれるか?という質問なんです。

これは、どこか遠くの土地で飢えている誰かを思うことができるのか、という話に通じると思います。

俺は五億年の苦痛なんて知らないし、飢餓も味わったことがない。だから俺は無視をする

というのは、やはり横暴だと思うんです。

・・・なんて偉そうなことを言っている俺ですが、昨晩も夕飯を残しました。(地球上のどこかには植えて食べれない人がいるのに〜という論法です)

上の漫画の中でも、前半を省略していますが主人公の友人(ジャイアン?)がポチポチポチとスイッチを押す場面があるんです。

結局、体験しない限りは苦痛を味わっている人に本当の意味で優しくなるなんて無理なんだと思います。

 だから、優しくなるカッコだけでもしたいじゃないですか。

だから、僕は五億年ボタンが例え目の前にあったとしても絶対に押しません!!

僕はかっこつけていたいです。皆さんはどうでしょうか? 見ず知らずの人に優しくなれますか?

皆さんの貴重なご意見、コメンとかTwitterでしてくれると嬉しいです。。

(2016/05追記)コメントまとめ

ありがたいことにコメント欄がとても盛り上がっているので、ちょっとこの辺りで「まとめ」ようと思います!

一つ一つのコメントが長いのは読むのが辛くてアレなのでざっくりと省略してしまいますね!
ですので、ちゃんと読みたい人は下のコメントを読んでください(^O^)

それではどうぞ!

————–

2015年9月2日 7:15 AM

5億年ボタン議論は、「見ず知らずの誰かに優しくできるか」ではないと思います。
(略)
クローン問題に置き換えるなら、ボタンを押して苦痛を経験する自分は、臓器を提供して死ぬ運命にあるクローン側です。

ドラえもんの、どこでもドアの怖い話に似ていますね。
ドアの中に入った瞬間、その人のすべてのデータが採取され、その人はドアの中で殺される。代わりに、ドアの出口ではデータに基づいて全く同じ人間が形成され、ドアを通り抜けたと信じたまま外界へ出て行く。
(略) 
500年の無と引き換えに1円をもらうような苦行、自分は絶対にしたくありません。

2015年9月2日 7:32 PM

コメントありがとうございます!

>>5億年ボタン議論は、「見ず知らずの誰かに優しくできるか」ではないと思います。

確かにそうですね。
これは、どうやって「自分」を定義するのか?という考えの差だと思います。

>>ドラえもんの、どこでもドアの怖い話に似ていますね。

そんな面白い話があったんですね!教えていただきありがとうございます!
そういえば『ザ・フライ』という映画もそういう仕組でしたね。
主人公が開発したどこでもドアを通るときにハエも一緒に入っちゃって、自分の遺伝子にハエが組み込まれてしまう。という話です。主人公がどんどんハエ化してくんですよ…(´д`)

>>500年の無と引き換えに1円をもらうような苦行、自分は絶対にしたくありません。

ぜーったいしたくないです!
でも、やっぱりこれは漫画効果で、実際になにも知らない状態で目の前にやってきたら押してしまっていただろうなぁと思います。

筒井

2015年9月2日 9:04 PM

どう頑張ってもクローンではない。クローンに近いものと捉えることは出来てもそれは間違いなく自分
(略)

五億年かけても皆が共感出来る考え方は出てこないと思う
だからクローンとして捉え、可哀想だと思うのはいいと思う
ただクローンの話を全く理解しない人を、「アホ」扱いしている人間が優しさを語るのはどうなんだろう

2015年10月12日 12:37 AM
クローンの件、結果的に痛みなく得をするってところは同じなのかもしれないが、クローンは痛みそのものがないので記憶を消された5億年とはちょっと違うと思う。

2016年1月9日 10:26 AM
お前がバカなのはわかった

2016年1月9日 10:45 AM
記憶が消されるから別人ってのが分からん

2015年10月1日 9:55 PM

五億年の記憶は消されてもボタン押した記憶は残ってるじゃん
その時点で嫌だは

2016年1月11日 2:57 PM
クローンと自分は
クローンが作られた以降に自分と並立して存在しているから
別人と考えますね
目の前にクローンが居ても自分とクローンは頭の中で違う事を考えています
別人です

比べて五億年の方は、記憶が消されるとしてもその間自分はずっと自分であり
戻って来てまた元の自分を始めるのも同じ個体、
つまり別人ではないですね

2015年10月6日 8:31 PM
記憶が残らないという前提はあっても、SF好きでこれ「押してみたい」「体験してみたい」と微塵も思わないって嘘っぽくね
ちょっとかっこつけすぎだよ

2015年11月29日 10:09 AM
五億年っていうからアレだけど、これを拷問に置き換えるとわかりやすいかと。
「ボタンを押して今から拷問を受ける自分」と「拷問の記憶を忘れて(もちろん身体への損傷は無い)100万円を受け取る第二の自分」。
いまから拷問を受ける(その感覚は「現在」の自分が負う)とわかっていても押す人は押すのかね?

匿名 より:
2015年12月17日 2:16 AM
それ昔よく言われてたけど話だいぶ変わかわっちゃうから…
押す派の人もそんなのなら押さねぇよって言ってた

2016年2月11日 11:31 AM
押すだろ
だって寝てる時に実は五億年経ってるんだよ。でもおまえら覚えてないだろ。だってその五億年は忘れてるんだから。つまりこれを押すのと寝ることは変わらないんだよ。
だから俺は押す

[adSense]

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    5億年ボタン議論は、「見ず知らずの誰かに優しくできるか」ではないと思います。
    何故ならボタンを押した次の瞬間から、5億年の苦痛を味わうのは他でもない自分自身だからです。ボタンを押してから5億年を耐えるまでが自分、100万年を受け取る所からがまた別の自分と考えるべきでしょう。

    5億年後にはその苦痛を知らず100万円を受け取る「別の自分」がいるのですから、ある意味人に優しくする事になるかも知れませんが、苦痛を味わうのはあくまでボタンを押す自分です。

    クローン問題に置き換えるなら、ボタンを押して苦痛を経験する自分は、臓器を提供して死ぬ運命にあるクローン側です。

    ドラえもんの、どこでもドアの怖い話に似ていますね。
    ドアの中に入った瞬間、その人のすべてのデータが採取され、その人はドアの中で殺される。代わりに、ドアの出口ではデータに基づいて全く同じ人間が形成され、ドアを通り抜けたと信じたまま外界へ出て行く。

    5億年を経験する人間だけが別人なのではなく、ボタンを押す時には5億年を経験する所までが自分だと考える必要があると思います。

    500年の無と引き換えに1円をもらうような苦行、自分は絶対にしたくありません。

    • tsutsuitakehiko より:

      コメントありがとうございます!

      >>5億年ボタン議論は、「見ず知らずの誰かに優しくできるか」ではないと思います。

      確かにそうですね。
      これは、どうやって「自分」を定義するのか?という考えの差だと思います。
      「5億年の苦しみを完全に忘れて、後遺症もない」という設定から、僕は「五億年の自分は」他人だとほぼ同じことだと感じました。

      「森のなかで気が倒れて音が発せられた。しかし、誰もその音を聞いていないとしたらその音は存在していたと言えるのだろうか?」という問題があります。
      『存在することは知覚されることだ』という言葉もありますね。

      >>ドラえもんの、どこでもドアの怖い話に似ていますね。

      そんな面白い話があったんですね!教えていただきありがとうございます!
      そういえば『ザ・フライ』という映画もそういう仕組でしたね。
      主人公が開発したどこでもドアを通るときにハエも一緒に入っちゃって、自分の遺伝子にハエが組み込まれてしまう。という話です。主人公がどんどんハエ化してくんですよ…(´д`)

      >>5億年を経験する人間だけが別人なのではなく、ボタンを押す時には5億年を経験する所までが自分だと考える必要があると思います。

      あれ…?そう聞くとなんだか納得しますね(笑)

      >>500年の無と引き換えに1円をもらうような苦行、自分は絶対にしたくありません。

      ぜーったいしたくないです!
      でも、やっぱりこれは漫画効果で、実際になにも知らない状態で目の前にやってきたら押してしまっていただろうなぁと思います。

      筒井

  2. 匿名 より:

    どう頑張ってもクローンではない。クローンに近いものと捉えることは出来てもそれは間違いなく自分
    それなのにクローンと同じだと言い切り、話を展開し、挙げ句の果てには他人をアホ扱いしている少し乱暴な筆者
    言うほど知識・教養が理解するために必要な作品ではないので、友人が理解出来なかったのは相当説明が分かりにくかったとしか思えない

    五億年かけても皆が共感出来る考え方は出てこないと思う
    だからクローンとして捉え、可哀想だと思うのはいいと思う
    ただクローンの話を全く理解しない人を、「アホ」扱いしている人間が優しさを語るのはどうなんだろう

  3. ネコ野郎 より:

    五億年の記憶は消されてもボタン押した記憶は残ってるじゃん
    その時点で嫌だは

  4. tsutsuitakehiko より:

    その発想はなかった!

    筒井

  5. さっき知って読んだ人 より:

    記憶が残らないという前提はあっても、SF好きでこれ「押してみたい」「体験してみたい」と微塵も思わないって嘘っぽくね
    ちょっとかっこつけすぎだよ

  6. かなや より:

    クローンの件、結果的に痛みなく得をするってところは同じなのかもしれないが、クローンは痛みそのものがないので記憶を消された5億年とはちょっと違うと思う。

  7. 匿名 より:

    前も読んだけど五億年ボタンの話を理解出来なかった人が友人からパートナーに変わってて謎過ぎた。

  8. 匿名 より:

    五億年っていうからアレだけど、これを拷問に置き換えるとわかりやすいかと。
    「ボタンを押して今から拷問を受ける自分」と「拷問の記憶を忘れて(もちろん身体への損傷は無い)100万円を受け取る第二の自分」。
    いまから拷問を受ける(その感覚は「現在」の自分が負う)とわかっていても押す人は押すのかね?

    • 匿名 より:

      それ昔よく言われてたけど話だいぶ変わかわっちゃうから…
      押す派の人もそんなのなら押さねぇよって言ってた

  9. 匿名 より:

    なんか違うような・・・

    クローンの腹が切られても自分は痛くもかゆくもないけど
    五億年体験するのは自分でしょ?
    記憶を消されるとしても体験するのが嫌って言ってんだけど・・・

    例えば、スイッチを押すと自分の精神がコピーされて
    そのコピー体が5億年を過ごした後抹消されて
    自分はノーリスクで100万円得られる、なら俺は普通に押すよ

    他人に優しくとかそんな話じゃなくて
    「喉元過ぎれば」をどう感じるかってだけの話だと思うんだが

  10. 匿名 より:

    お前がバカなのはわかった

  11. 匿名 より:

    記憶が消されるから別人ってのが分からん

  12. 匿名 より:

    クローンと自分は
    クローンが作られた以降に自分と並立して存在しているから
    別人と考えますね
    目の前にクローンが居ても自分とクローンは頭の中で違う事を考えています
    別人です

    比べて五億年の方は、記憶が消されるとしてもその間自分はずっと自分であり
    戻って来てまた元の自分を始めるのも同じ個体、
    つまり別人ではないですね

  13. 匿名 より:

    押すだろ
    だって寝てる時に実は五億年経ってるんだよ。でもおまえら覚えてないだろ。だってその五億年は忘れてるんだから。つまりこれを押すのと寝ることは変わらないんだよ。
    だから俺は押す

    • 匿名 より:

      寝てる間に実は五億年経ってるって何?意味不明だけど。

    • 匿名 より:

      ボタンを押す派の思考は、なんだか分からないがイラッとくるんだ。

      ようするに「減るもんじゃないから別にいいだろ」的なセクハラじじいの発想と、根本的に同じ気がするんだ。

      俺何か間違ってるかな?

  14. 匿名 より:

    自分は筆者の言ってることは分かるな
    クローン云々や人の優しさ説はさておき(話がややこしくなる)
    この命題は単純な損得じゃなくて思考判断が重要だと思うっていう着眼点には共感する
    押す、押さないは関係なし。
    で、自分は
    結論において「損失はないから押す」と理由づけた人は問題の趣旨を理解していないと思う
    もしくは「怖いから押さない」(本当は押したい、または5億年部分が軽微な障害なら押す)人もアウトだと思う

    押す派の中には最初は抵抗を感じた人もいるんじゃないか?
    普通に考えたら嫌だよな
    何もない空間で一人ぼっち、死ぬこともできない 会話もできない、それを気の遠くなるような年月繰り返す
    自分で生死も選べず、存在もわからない何かに身を委ねなければならない恐怖を想像できない奴はいるか?
    いないよな。人間は想像する生き物だから、避けようとするのは当たり前だ

    しかし、今回は『ただし記憶はリセットされる』、という建前がある
    そうすると今みたいに、「別に押すことは悪くない(他人に被害も及ばないし自分も記憶は残らないからチャラ)」という発想をする人もいるだろう
    仮に「自分はしない!」と思っても目の前で同じ作業をし、
    ボタンを押すだけで金をもらう人間がいたら自分も同じように押してしまいたくなるだろう
    不思議なことに、他人が楽に設け自分は何も貰えないことの方が、損失よりも耐えられないという人はいるからね

    つまり騙されてる。楽してお金儲けしてるつもりで自分を殺してる。

    これが今回SFで漫画だからと笑っていられるかもしれないが
    仮に現実で、もし友人役のジャイ太とトニオが手を組んで自分(スネ郎)を貶めようとしてたらどうなると思う?
    サクラ付きのマルチ商法なんかまんまこの手口じゃないの?
    利益がある人がいるようにみせて実態は…ってやつ

    SFに現実の詐欺を絡めるな!って意見もあるだろうけど
    「未知の美味しい話を簡単に信じるな、受け入れるな」ってことがすべてだと思うね
    漫画の中のトニオがボタンを押してない理由を考えろよ、って話だ

    • 匿名 より:

      トニオの立場が決まっていたら、最後に押すかどうか問う意味ないよね。だってマルチ商法のような話なら全く深みのない単純な物語になるじゃない。

      色々なパターンを妄想出来て、色々な考えが出てくるのが五億年ボタンのいい所なんだけどね。

  15. 匿名 より:

    俺にはなんで
    「ボタンを押した人=苦しむ人≠お金を受け取る人」と考えている人が多いのか分からない…
    だってみんな寝て起きたら別人になっているのか?
    というか漫画の中で元々の世界に戻って来た時に主人公、ボタンを押したの覚えてるじゃん…ボタンを押した人とお金を受け取る人が別人なら、そんなことあり得ないんでねーの?

  16. 匿名 より:

    俺は押しません。消えるとわかってても消えるまでの五億年分は過ごさないといけない訳だし、それが夢みたいな物で目が覚めたら綺麗サッパリ忘れてるし起きたらお金貰えるよって言われてるような物としても、たった一人で体感時間五億年過ごす夢見てもらいますって言われたら怖くて怖くて……。

  17. 匿名 より:

    自分は押す派なんだけど、理由が違うかな。
    正直100万なんてどうでもよくて、五億年ていう時間を体感したい。
    凄くない?五億年だよ?五億年生きられる生物なんていないんだよ?
    しかも死なず、餓死する事もない。
    生活するための必要な事が何もいらないんだよ?
    是非やってみたいね。
    惜しむらくは最後に記憶が消える事かなぁ。

    だからこの記事でいう、優しさ云々は自分には当てはまらないかな。

  18. 匿名 より:

    この押す押さない議論は、圧倒的に押さない派が押す派を理解できてない。
    あと、見ず知らずの誰かの言い分を貶して挙句の果てに「アホ」呼ばわりするような筆者に、「見ず知らずの誰かに優しくなれるか?」を語っているのは滑稽としか言い様がない

    • 匿名 より:

      とりあえず意見の多様性を無視して自分と違う意見をアホ呼ばわりするようなのには他人に意見を求める権利は無いんじゃないかと思った。
      あと俺も押さない派だが、いざ自分が押すか押さないか選べと言われた時「5億年過ごす自分」を他人と考える事はできない。
      単純に自分が5億年何もせずに過ごすことが例え記憶が消えるとしても嫌だから押さない。

  19. ストリート より:

    五億年ボタンの下りは自分ですね。ただ、丹に忘れるだけじゃないですか。記憶喪失の人間は記憶を失う前と別人かと言うとほんとの意味で同一人物ですよね?。同じ意識を持ってるんですから。

    クローンは自分と同じ遺伝子を持っただけの別人です。例えば、家族と自分は別人ですよね?。それと何ら変わり有りません。

    ※私の結論

    五億年ボタンの自分は自分自身。

    クローンは自分と同じ遺伝子を持っているだけの別人。(親や兄弟といった、家族の様な感じ)

  20. 匿名 より:

    五億過ごす人は別人さんであるっていうのは、五億過ごした記憶が消えて百万円をもらう人から見てですよね?

    しかしボタンを押す人と五億年過ごす人は同じはずなので、ボタンを押す人も五億過ごす別人さんと同じ別人さんとなりませんか?

    だったらボタン押す人は産まれてからボタンを押して五億年過ごし記憶が消えるまでずっと別人さんだったてことになりますよね

  21. 匿名 より:

    自分は怖いから、押さないわ。

  22. 匿名 より:

    とりあえず、このブログ主の勘違いは指摘しとくよ。
    「五億年ボタンって思考実験があり、それを題材にした漫画がある」
    とか書いてるが、逆だ。
    漫画があり、それが「アナタなら押す押さない?」てな話題になって
    思考実験めいただけな。

  23. 匿名 より:

    アホはあなたですよ

  24. 匿名 より:

    押したいね。普通に5億年体験したいってのもあるし、普通に記憶なくなるからって思ったけど、
    でも自分の記憶を持った人間が幸せになってくれるなら俺はどんな苦痛でも耐えられる。
    自分の子供のためならなんでもできるって言うのと似てるんじゃないの。
    嫁も子供もいないけど。

  25. 匿名 より:

    俺は報酬が1兆円で不老不死になって病気も一切せず
    健康状態(肉体的に)で地球上で生活でき5億年の間の生活費をすべて工面してもらえるというル-ルに変更してもらっても押さない
    眠ることと死を選ぶ自由、この2点を奪われるならそれは途方もなく永い無間地獄
    人間の思考レベルで5億年という途方もない時間の流れに耐え続けることなどできない
    ましてやこの糞ル-ル
    押すという奴がいるのが信じられない

  26. 匿名 より:

    思想家でもない奴が他の思想を頑なに否定する様は滑稽としか思えない。
    賢くも見えないしただ相手にされなくなるだけだぞ。
    クイズでもやっとけよ。

  27. 匿名 より:

    >五億年の記憶は消されてもボタン押した記憶は残ってるじゃん
    その時点で嫌だは
    >その発想はなかった!

    筒井

    ↑もうね、アホか、と(´Д` )

  28. 匿名 より:

    ぶっちゃけ100万円いらない代わりに記憶消去無しなら押してた。最初は後悔するだろうけど5億年の時でどこまで変われるかが気になる

  29. しんいち より:

    5億年ボタンが本当に記憶が消えるのであれば、それを証明する事は誰にもできない。
    なので5億年ボタンが存在する!と主張する人は現実世界では「嘘つき」と呼ばれます。

    貴方が存在するのは、貴方を観測する他人がいるからこそ証明されるのです。
    観測者がいない=存在しないのと同じ。

    似たような言葉に「我考える故に我あり」というものもあります。

    つまり、この命題は「嘘つきの言う事を信じるかどうか?」という事に集約されます。

    クローン問題とは全く違います。

    貴方の浅はかな考えで他人の思考を否定するのはどうかと思いますよ。

  30. 匿名 より:

    >左を五億年を過ごす自分、
    >右を百万円をもらう自分、
    >に置き換えると・・・ あら不思議。まったく同じ話だとわかります。

    「記憶を消されるなら自分が経験しないも同じ」と割り切れる人にとってはそうでしょうね。
    自分は割り切れない人間だから全く同じとは感じません。

  31. 匿名 より:

    押す押さないはともかく、クローンと自分は相対することが出来るが、自分と自分は物理的に相対できないでしょ? 同じとは思えない。

  32. 匿名 より:

    5億年ボタンがどうのこうのより

    人の漫画をPDFにまとめて自分のサーバーにアップし
    誰でも閲覧可能な状態にしているのはどうかと思いますけどね。

    論じているので引用の部類に入るかもしれませんが
    形式は守って欲しいですよ。

  33. 匿名 より:

    >5億年の自分が受けた苦痛を知らないまま、百万円を受け取ることができる。
    >お前さ、記憶も後遺症もない「五億年中の自分」を「自分に起きている話」って認め
    >くらいなら、
    …そもそも、ここが勘違いされやすいところで、「5億年間の孤独」をたっぷりと味わ
    った後で「それをきれいに忘れ」、「ボタンを押した直後の状態に戻る」ってだけで、
    5億年をたっぷり味わうのは「あなた」であり、それをまた「あなた」が忘れてしまう
    ってだけ。「知らない」んじゃなくて「たっぷり味わってからそれを忘れるだけ」なの
    よね。
    だのに「5億年を味わう経験は自分に起きるはずがないこと」と「押す派」のみなさん
    はなぜか考えてしまうんだよな…。「あれ、押したけどなんでもなかったじゃん」とい
    う安堵は「5億年先にやってくる」んだけどな。

  34. 匿名 より:

    この議論してる奴はバカっていうことがよく説明できてる

  35. デミトリ より:

    なかなか面白い題材で面白い発想だね。私にはそこまで柔軟に考えられる頭が無い。
    筒井さんの考え方では、私はアホの方の部類ですが(笑)別にそんな事はかまいません。
    クローンとか小難しく考えることがまどっこしくてね。
    5億年、独居房で暮らせと言ってるのと同じにしか感じられずゴリゴリの犯罪者ですら
    耐えられず音を上げる世界よ。そんな過酷な労働の対価をたった100万円で?
    いくら記憶が消えるオプション付きとは言え無理無理(笑)
    ちょっと働いたら稼げるじゃん。100万が大金とか小学生か。と、
    額の問題じゃ無いんですね。
    仮に5億年耐えられるメンタルだとして、記憶が消えると言うことは、
    せっかく5億年積み重ねた物が無になっちまうのも勿体ないし。
    過ぎたら過去なんて1年でも10年でも過去。そこに何も残らないのはむしろマイナス。
    宇宙と対話できるほど悟りを開き神に近づいたのに、また凡人からやりなおし?
    何も良いことなし。例えば設定をボタンを押せば5億年の無の世界になるが
    神の心が手に入れられ、もどった世界では皆が自分を崇拝し人類の頂点に立てるボタン。
    修行の限界を感じたら死を選ぶボタンのオプション付きって言われたら
    押す人増えるかもね。5億年という途方もない時間はもはやお金と言う価値に
    換算するのは私には無理ですね。

  36. 匿名 より:

    五億年過ごした後、その間の記憶は完全に消される
    体感的には一瞬で、何も起こっていない様に感じられる

    最低限、原作漫画で提示されている前提条件ぐらいは把握しよう

  37. 匿名 より:

    クローンとは似て非なるものだよね。
    クローンは素体が自分だけでその後は全くの別人。同じ時を過ごさなければ『自分』ではないもの。
    逆に、五億年ボタンで過ごす五億年は、どう取り繕うとそれは『自分』でしかない。

    ……これってさ、記憶のなくなる前、五億年を凄く自分のことをどれだけ真剣に考えられるかで意見が変わると思う。

  38. 匿名 より:

    これって自己の同一性を考える割と深い問題だと思うんだが、いきなりクローンと
    同じだとか言ってみたり、どこでもドアの話をザ・フライと言ってみたり、
    どうも根本的に頭が悪いのか、只のおっちょこちょいなのか、単にSFリテラシーが
    半端なのか、判断に苦しみますなw

  39. 匿名 より:

    クローンとこれが同じってわけではないが、この例えに対して
    その共通点が理解できないのはちょっと想像力が足りないかと

    この実験、押せるって人は自分がこれから受ける人類史上類の無い拷問を
    完全に忘れる事が出来るから問題ないと考えてしまえるわけで
    この5億年の刑に対しての恐怖を想像することが出来ないんだと思う
    仮に内容が押した瞬間めった刺しにされ地獄の苦痛を味わいながら死ぬけど
    記憶が消えて元に戻るってシステムなら押すの躊躇う人も増えるかもしれない

    それとは別に漫画内では押したキャラも深く考えずに即行押したし、もしかしたら
    そんなボタンは冗談に違いないとしか思ってなくてもおかしくない
    現実的にはそれが普通だし、結果一瞬でお金が手に入って自分に何の被害も無いの
    だから2度目を押しても仕方ない
    読者視点では実際に5億年の拷問が行われる事を確定事項として知り得ているんだから
    押したらその後確実に自分の身に降りかかる超級の拷問を許容する事は普通の神経の
    持ち主なら恐怖で出来ないと思う。
    自分のクローンなら臓器ストックとして扱えるけど5億年は無理って思う人は
    5億年ボタンとクローンの例えには納得できないんじゃないかな

  40. 匿名 より:

    そりゃクローンとか別人とかドッペルゲンガーの例えって厳密に言えば違うんだろうけど、実際に起こる事はほぼその通りの筈だよ。
    「記憶を失う前の自分」と「記憶を失った後の自分」って、客観的に見れば同一人物だけど、主観的、というか本人の意識的に見れば間違い無く別人の筈だよ。
    ただこの話の設定だと、「記憶を失った後の自分」は、ボタンを押す以前までの過去の記憶が完全に繋がっているから、自分が別人になっている事に絶対に気づけない。
    だからそういう意味では、押す派の主張ってちょっとは分かるかな。夢を見てその内容を忘れてしまった程度の事だから押す、っていう意見が一定数あるし。
    ただ実際に起こることって、ボタンを押した自分自身は本当に5億年閉じ込められて、なおかつその意識は5億年がたったと同時に消えるんだよね。だからボタンを押した本人って、意識的な意味では閉じ込められた挙句何一つ得られない上にタイムリミット同時に死ぬのと同じ事が行われる訳で。
    その壮絶な虚無を体験させられてしまう自分と、体験させる最低な自分をたった100万円なんかで作りたくないので俺は絶対に押さない。
    押す派の人は折角なんで1日中連打しまくってちょっと分け前下さい。

  41. 匿名 より:

    確実に押します。
    マンガでは異空間に飛ばされて1億年辺りまでは悲惨ですが、最終的に真理に目覚めてまさに釈迦の心境じゃないですか。
    実際にはその記憶は無くなるしタダのまんがのお話だけど、僕はその話を信じて押しますね。自分で様々な公理を発見して理論化して真理にたどり着く、バカな僕には無理かもしれないけど5億年もあればあるいは・・・?
    そんな境地に辿り着けるんであれば決して『その世界の自分』を蔑ろにしているというわけじゃないです。
    グレッグイーガンのSF短編小説「プランクダイブ」では、自分のクローンをブラックホールに放り込んで探求しよう、というお話があります。たとえそこで息絶えたとしても情報が途絶えたとしても『ブラックホールに送り込まれた自分』は物理学の真理が得られる(可能性がある)。それは科学者としての探究心の最大のご褒美なんだというお話です。
    こう考えると5億年ボタンはすごく似てくると思いませんか?科学者じゃなくても探究心は持ってるものだと思いますし。
    僕は、押しちゃいますね、指先が震えるかもしれませんが。

  42. ななしでお願いします より:

    元ネタの漫画のテーマを倫理とかに求めるのは構わないと思いますし、クローンを殺すようなものだと自分で考えるのも構わないと思います。

    しかしそれに対する反論をアホかで片付けるのはいただけませんね。この問題はクローン問題と同じと断言してますが、それは間違いではなくてもひとつの考え、解釈に過ぎないわけで、それとは違うだろという意見もひとつの考えで解釈です。

    これを議論している人ほとんどに言えることだと思いますが、実際には起こり得ない、観測、認識しようのない現象であって、答えは出しようがない、とお互いに理解した上で議論すべきなんです。

  43. ヤエル より:

    「記憶が消える自分」と「自分を基にして生み出されたクローン」を同じ自分だと考えるのは理解できない。
    前者は記憶が継続していないのみで自分であることは確かだが、後者は自分とは別の主体として存在しているだけの、限りなく自分に近い別人であるとは考えられないだろうか?
    意見が違うからといって、アホか、と貶されるのは読んでいて不愉快だった。

  44. 匿名 より:

    5億年を経験する自分を他人と考えるのは、的を得ていると思います。

    ボタンを押す自分は、5億年の経験は認識できないわけですよね。だって、ボタンを押す前は5億年を経験していないし、押した後もその記憶が消されてしまいますから。

    5億年を過ごすのは、紛れもなく自分です。でも、その辛さは全く認識できない。ボタンを押す自分には実害がないわけです。ボタンを押す自分と実害が切り離されています。痛みを体感しないという意味では、5億年を過ごす自分を他人と考えることができると思います。

    漫画を読んでみると分かりますが、5億年過ごすのはすごーく辛そうです。僕は漫画を見るまでは5億年を過ごすことの辛さも想像できませんでした。これを読んだあとは、ボタンを押すべきではないと判断します。でも、痛みを想像できなければ、押しちゃうだろうな……

    • 匿名 より:

      認識できない?正気かよ。
      4億9999年11ヶ月31日と23時間59分59秒99までは認識してんだぞ?
      戻ってきてからお前何年生きるのん?
      閉じ込められてる間の方が遥かに認識しまくりじゃねぇか。
      頭いいぶんなアホ。

  45. 匿名 より:

    あの漫画を読んだ上であれば “押さない” が、自分がスネ郎の立場で、目の前(リアルタイム)でジャイ太がボタンを押した後に100万円手にする所を見たらどうでしょう?
    間違いなく “押して” しまうでしょう…それこそ何回も…
    なぜなら、あの “5億年” の記憶はないし、そもそもホントに “5億年” 過ごしたのかもわからない訳ですからね。

  46. 匿名 より:

    他の人も言ってるけどアホ呼ばわりされて不快だったわ
    クローンと自分が同じとか正気かよ

  47. 匿名 より:

    アホしかいない。
    いいか?今、そのボタンを目の前に出された。
    これ押したら今から5億年監禁される、終わったら100万円やる。記憶消すからさ。
    って言われて押すか?
    難しく考えすぎ。
    記憶なくなるからとかに惑わされすぎ。
    今!なう!押したらすぐこれから!5億年閉じ込められんのな!まっっっっっったく他人じゃない!
    20歳の時に押したら5億20歳になってんの!!
    なんでそれを他人なんて言えんのん?
    ばか?ばかですよね!?ばかすぎ。

    • カーズ より:

      これだろ。

      今からボタン押すか?と聞かれて押したとしたら、五億年過ごすのはボタンを押した自分と完全に同一人物だろ。(記憶消される前の自分からの視点)

      だけど、記憶消された自分からすれば、五億年過ごしたのは自分のクローンで、一瞬で百万手に入れたように見える。

      何かは何かに認識される事でナントカ、ってするなら確かにあの五億年は存在しなかったことになるけど、記憶が消されようと今から五億年過ごすのは自分自身だろ。

      五億年過ごす前から『忘れるから関係ないだろ』
      って言ってる奴らの気がしれないわ。

  48. 匿名 より:

    絶対にクローンとは違う、アホですか?
    押す派はみんなアホなのか設定を勘違いしている

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。


:表示されているコードを入力してください。