【脱挫折】英単語暗記アプリのランキングと選び方を教えます

この記事であなたが得られる情報
・英単語アプリを選ぶの大変だということ
・英単語アプリ選びの考え方
・暗記の仕組み~単語を覚えたとは~
・おすすめのアプリランキング

急いでいる方は↓の目次から「ランキング」に飛んでください。
優良なアプリを選びたい、損をしたくない、という方は順番に読み進めてください。

オンライン英会話ランキング ”自分だけの”おすすめスクールの選び方

英会話

英単語アプリがたくさんありすぎて困る

apps

英語力を上げるためには単語をとにかく覚えることがとても大事です。

そんなことは英語学習者は誰もが知っていることでしょう。

そして英語学習者が行き着く考えが、

「そうだ!英単語学習アプリを使おう!よし早速アプリ入れよう!」

だと思います。

でもちょっとまってください。

あなたは知ってますか、

英単語アプリの種類がめちゃくちゃ多いということを!!

mikanやankiのような有名アプリから、無名のアプリを含めたらウン十個はくだらない数があるんです!!

想像してみてください。

ウン十個のアプリを全部試しますか?

その中には「レビューで☆が多いのに使いづらい」というはた迷惑なアプリもあるんです。

「やっぱアプリ入れるのメンドくせっ_(:3」∠)_」

ってなりませんか?

 そこで、この記事では「良アプリ」を見極める方法について研究していきます。

そしてあなたが「本当に効果のある暗記アプリ」を手に入れるお手伝いをさせてもらいたいと思っています。

英単語アプリを選ぶ時の考え方~本質を考える~

Thinking-man

結論から言うと、英語アプリを選ぶ際は次の三つのことについて意識するべきです。

  1. 時間節約
  2. ユーザビリティ
  3. トラック機能

この三つが揃っているアプリが望ましいです。

なぜ、この三つの要素が重要なのか?

では、一つ一つ順を追ってみていきましょう。

1.時間節約

7214596024_61f5493f1f_m

英単語アプリを使う理由は「時間を節約したいから」以上の理由はありません。

この大原則を絶対に忘れてはいけない。

もう少し詳しく言い換えると、

  • 暗記速度を速める
  • 即座に学習開始が可能

ということです。

紙の単語帳や暗記カードは作るのに時間がかかります

暗記カードを作ってる時間があるのなら、その時間を学習時間に使いたいですよね。

 だから、起動に時間のかかるアプリや、広告表示で数秒消費しないと使えないようなアプリは即座に候補からアウトです。

広告表示があるアプリは悪質で、たまにユーザーの誤作動を狙って表示するアプリもあります。

もっといえば、学ぶべき単語が初めから用意されていることが望ましいです。

TOEIC対策や、日常会話対策、イディオムまで監修されているとうれしいですね。

2.ユーザビリティ

簡単に言えば「使いやすさ」です。

UI(ユーザーインターフェース)がごちゃごちゃしてて、「どこ」を押せば「なに」が起こるのかがまるで意味不明、というアプリがあります。

そんなアプリを使っていてはイライラが止まりません。

暗記という作業は「覚えられない…」というイライラとの闘いです。

ただでさえストレスが溜まっているのに、それ以上のストレスが勉強と関係のない方向からやってきたら最悪です。

人間は本能的にイライラするものから避けようとします。

暗記の作業が続けるためには、なるべくイライラしない快適な環境で行うべきです。

よってユーザビリティを最高レベルまで意識されたアプリを使うべきです。

5352908980_e63d64473b_q

ところで、皆さんはパソコンのマックが高価なのに人気がある理由がわかりますか?

それはWindowsよりユーザビリティが優れているからです。

マウスの代わりのトラックパッドは指の動きをそのまま画面に再現してくれますし、アプリの切り替えや、ちょっとしたショートカットが指先一つで簡単に実行することができます。

専門的な機能はWindowsマシーンに軍配が上がりますが、「使いやすさ」一点にだけで言えばマックのユーザビリティは素晴らしいです。

こういった素晴らしいユーザビリティを実現するためには、作り手のセンスと資金が必要不可欠です。

これは暗記アプリも同じことです。作り手のユーザビリティへの情熱が現れている暗記アプリをぜひ使ってください。

どこかの出版社が軽い気持ちで作成したアプリをダウンロードしてはいけません。

3.トラック機能

5658962691_467728cd84_m

トラック機能とは「学習の記録ができるかどうか」です。

この機能は英語学習でとても大事なポイントである「やる気」に密接に関係しています。

英語学習のやる気を持続する方法は簡単で「自分は成長している」と実感することです。

そのためには、昨日の自分より今日の自分が成長している、と目に見えて実感しなければなりません。

そのために、英語暗記アプリには「トラック機能」がついていることが絶対条件になります。

それも、ただ単純に「学習時間」を表示するだけではダメ

  • どの単語がどれくらい覚えられたのか?
  • どの単語をどれだけの時間勉強したのか?
  • 日、月、年でどれだけ勉強したのか?

などといった、多様な角度で「自分の成長」を記録してくれるアプリを使いましょう。

一週間を終えた後に記録を見て、

「お、今週は10時間勉強したのか!」

と分かれば次の週も、その次の週も勉強が止まらなくなりますよ!

ユーザーの情報を保存するためにはサーバーの運用が必要になりますので、アプリ運営会社選びがとても重要です。

なぜなら、アプリ会社の不手際によって「データを紛失しました」なんてことが起きてしまったら、せっかくのあなたの学習記録という財産の記録が消えてしまうからです。

信用のできる団体が作成したアプリを選択しましょう。

”英単語を覚えた”にレベルがあるのを知っていましたか?

icon-walking-up-stairs

ところで、「英単語を覚えた」とは正確にはどういうことなのか意識したことがありますか?

これを理解しておくと、英単語の学習スピードが格段に上がるのに加えて、挫折しなくなります。

アプリを選ぶ際にも大事な判断材料になりますので、ぜひここで理解しておいてください。

「英単語を覚える」というのには大きく分けて4つのレベルがあります。

レベル1.初期認知
レベル2.既知認知
レベル3.入力認知
レベル4.出力認知

以上の四つのレベルです。

”英単語を覚える”というのは、このレベルを踏んで階段を上がっていくことを言います。

では、それぞれのレベルについて詳しく説明していきます。

説明上の事情からレベル2から説明します。

レベル2.既知認知

既知認知のレベルにある単語とは「文字列は見たことあるが、意味を思い出せない」英単語のことです。

英語の試験などで

「あぁー!これ知ってる・・・でも、なんだっけ。」

みたいになったことはだれでもあると思います。

この状態を既知認知レベルの単語と呼びます。

逆に、初めて見た単語は、

「なにこれ、全然知らない単語だ」

となりますよね?(前に勉強したのを忘れている可能性もある)

レベル1はこの「全然知らない単語だな」という状態です。

ある英単語を勉強する、という時の最初の目標はこのレベル1からレベル2にステップアップすることです。

そのためには「なるべく多くの単語にちょっとでもいいから触れる」ということが大切です。

レベル3.入力認知

このレベルの単語は「英単語を見て、意味を理解できる」状態のことです。

普通の英語アプリではこのレベルで満足しているものがほとんどです。

TOEICのライティングセクションや大学の英語入試問題など、いわゆるペーパーテストの分野ではこのレベルで満足してもよいかもしれません。

呼んで意味が理解できればそれで目標は達成していますからね。

しかし、もしもあなたが

  • 英語を話したい
  • TOEICで高得点を取りたい
  • リスニングやスピーキングもできるようなりたい

というのであれば、このレベルで満足してしまっては成長は見込めません。

 さらに次の段階までの英単語理解が必要になります。

ところで、TOEICは2016年5月から新しく生まれ変わります。

この時点(2016/5)ではまだ新方式のテストが開始されていないので詳細は不明ですが、TOEICの公式発表によると新テストでは、

「真の英語力が試される内容」

に変貌するそうです。

これまでTOEICは広く「ブランドのある資格」として認められていましたが、その反面「900点でも英語が話せない」という矛盾した現状を生み出していました。

新TOEICではこのような状況が改善されるのではないかと予想されます。

TOEICの質が向上することはよいことです。でも、これは「TOEICがもっと難しくなる」という可能性も考えなければいけなくなりました。

これまでレベル3の単語理解で満足してきた人はその考え方を改めないと点数を取れなくなるかもしれませんね。

レベル4.出力認知

Speak-and-listen

出力認知のレベルでは「英単語を使える」ことが可能になります。

つまり、英作文をする際に英単語が頭に思い浮かんだり、スピーキングですらすらとその単語を引き出すことができる状態です。

一つの単語をこのレベルにまでもっていくまで、おそらく何か月も必要です。

忘れて、思い出す。という作業が要求されるからです。

文章の穴埋め問題を繰り返すことがこのレベルに到達するためにはよい方法です。

文脈から意味を推察し、英単語を思い出す、という脳の処理が必要になります。

それだけで満足してはいけません。

例えば、あなたは英単語を耳で聞いて、文字で書くことができますか?

普段からレベル3の単語理解で満足してしまっている人は、おそらく無理でしょう。

それも当然です。この人たちは「見て、理解する」までしかこれまでやってこなかったからです。

 レベル4の単語理解をするためには、

音を聞く →意味を理解

意味(概念)→発音ができる、書ける

文字見る →発音できる、意味が分かる

このいうに多角的に単語を操ることができなければいけません。

しかし、こういった多角的に英語を操る習慣が日常的にない場合はなかなかレベル4の単語理解は難しいです。

果たして英単語アプリでレベル4の英単語学習が実現できるのでしょうか?

あります。

そのアプリついては、また後述します

以上が”英単語を覚えた”の四つのレベルでした。

大体の目安ですが、この四つのレベルをステップアップするには次のように時間がかかります。

  • レベル1.→レベル2.  1日
  • レベル2.→レベル3.  10日~30日
  • レベル3.→レベル4.  30日~(上限なし)

 ものすごい時間を消費しなければ単語を真に理解することは不可能です。

英語を使いこなせる人たちはそういった努力を常に忘れません。

もしもあなたがそういった努力を忘れない人たちに追いつきたいのであれば、あなたも英語学習に時間を使うことに心と気持ちを打ち出しましょう。

その努力を後ろから助けてくれる暗記アプリがあなたには必要なのです。

オンライン英会話ランキング ”自分だけの”おすすめスクールの選び方

[adSense]

 おすすめの英単語学習アプリランキング

ここまで長文失礼しました。

”英単語を覚える”ことの真の意味を理解できたみなさんであれば、これから紹介する英単語アプリを正しく活用することができると思います。

それではランキングを三位からご紹介いたします!

英会話

第三位 Anki

anki

アプリ名   :Anki
ユーザビリティ:☆
拡張性    :☆☆☆☆
トラック機能 :☆☆

僕は大学の専攻に関する英単語学習はすべてこのアプリで行っています。すごくサクサク勉強できますよ。

英単語以外の学習にも重宝しています

メリット 

Ankiの素晴らしい点は、エクセルで作成した単語リストを読み込んでくれることです!

拡張性に関してはこのアプリの右に出るアプリは今のところありません。

英単語の学習というのは何もTOEICや大学入試だけで行うものではありません。

大学に入学した後には専門用語の英単語学習が待ち受けています。

理系には数学系、工学系の英単語の学習が必要不可欠です。

医大生や看護系の学生ももちろん、文系でも専門用語の英単語学習の壁というのは、平等に訪れます。

その際にとても困るのが、「単語帳がない」ということです。

自分で専門書からわからない単語を拾ってきてはメモをしなくてないけないんです。

しかし、このAnkiをつかえば、自分で作成したエクセルファイルを読み込ませれば簡単にスマホで専門用語の英単語の学習が実現できてしまします!

「エクセルで単語帳を作成するのが面倒くさい…」

 という人も、安心してください。

実はこのAnkiというアプリは世界的にシェアが広がっているので、誰かがあなたの代わりにもう作ってくれている可能性があるんです。

あなたと同じ専攻の世界の誰かが単語リストを作成してくれているなら、そのファイルを読み込むだけ、あなたはもうその単語を勉強することが可能になります。

 デメリット

ユーザビリティが少しわかりにくいです。

デザインがとても素朴でカクカクしているので、長時間使っていると疲れていきます。

おそらく個人で開発をしているようなので、もう少し資金面で潤沢になればデザインも変わってくるかもしれません。

これからに期待するアプリというイメージですね。

第二位 Mikan

mikan

アプリ名   :Mikan
ユーザビリティ:☆☆☆
拡張性    :☆☆☆
トラック機能 :☆☆

 ついに2016年5月11日にアンドロイド版がリリースされた、話題のスタートアップアプリです。

もともとiPhoneアプリとして話題が沸騰していたアプリでした。

僕はアンドロイドユーザーなのでまだ一日しか使ったことがありません(現在12日)

しかし、その可能性に期待しています。

メリット

使っていて楽しい!これはとても重要です。

カードめくりの機能はたいへん凝っていて、とても楽しいです。

カードがヌルヌルと動くので気持ちがいい。

みかんのオレンジ色がポップで素敵ですし、フリックの動きがなめらか。

あと「クスッ」笑ってしまうのが効果音にマリオが使われている点ですね。

単語の収録数も無料にもかかわらず文句なしです。

拡張で(おそらく有料?)単語数を増やすこともできます。

公式サイトのコメントや、雑誌のインタビューを見る限り開発者の人柄がよさそうなので、これからもどんどんと進化を遂げることは間違いないでしょう。

デメリット

 ユーザビリティが少しだけ不十分。

フォントが切れていたり、ボタンが小さい、設定の方法がちょっとだけわかりにくい…など。

「クレームを入れるほどではないし、我慢できるけど、できれば改善してほしいポイント」

が多い気がします。

小さいイライラがたまっていくのを感じるので、この辺りを改善してくれたら僕は一位のアプリから完全に乗り換えると思います。

それでも三位のAnkiと比べたらMikanの方が断然使いやすいです。

二つ目のデメリットはレベル4の理解度まで達するためのアプリ設計でない、ということです。

これは公式アプリ側も認めていることです。

mikanはアプリの性質上、SpeakingやWritingなどのアウトプット用というよりはReading, Listeningのためのインプット用です。
見て、聞いてすぐ意味がわかる(もしくはニュアンスから予想できる)ような状態にするのを極限まで効率的にしているのがmikanというアプリです。ですので、もしあなたがmikanを通してアウトプット(伝える能力)を鍛えようとしているのならば、mikanが最適なアプリケーションとは限りません(公式サイトより引用)

レベル4の英単語理解を達成するには、やはりアウトプットをしなければいけません。

第一位 iKnow!

iKnow!

アプリ名   :iKnow!
ユーザビリティ:☆☆☆☆
拡張性    :☆☆☆
トラック機能 :☆☆☆☆

僕はこのアプリを使っています。

今ちょっとトラック機能をチェックしてみましたが、先月の一か月で「28時間」も学習をしていたようです。

一日に約50分くらいです。

驚きなのが、僕自身それほど単語学習に時間を使った記憶がないということです。

なぜなら、スキマ時間にしかこのiKnow!を僕は使っていないから。

学校の登下校やトイレ、ちょっとした待ち合わせの時間に僕は必ずこのアプリを起動させてやっています。

ちりも積もれば…というのは馬鹿にできないということが証明されたアプリだと思います。

メリット

このiKnow!がその他のアプリを引き離してダントツな理由は、「ユーザビリティ」以外にありません。

とにかく使いやすい!痒い所に手が届くアプリです。

UIが見やすいです。

起動してすぐに見える画面では

  • 今週の学習時間
  • 進捗度

といった情報が一目で見ることができます。

二つ目のメリットとして、「多角的な学習方法がある」ことがあげられます。

例えば単語理解レベル1の段階の学習は、「二択クイズ」でレベル2へ引き上げることができます。

理解が進むと次に「4択クイズ」に進み、さらにもっと理解が進むと「書き取りテスト」に進みます。

文脈から穴埋め問題、リスニング、ももちろん完備。

このアプリ設計は僕が先ほど触れた、

音を聞く →意味を理解

意味(概念)→発音ができる、書ける

文字見る →発音できる、意味が分かる

↑この多角的な単語理解の考え方に基づいています。

三つ目のメリットは脳科学に基づいた「トラック機能」 です。

iKnow!は学習者がどれだけ特定の単語を理解しているかをデーターベースに記録して保存をしています。

ですので、普通の単語学習で必要なチェックを人間がやらなくても、アプリが自動で理解度を考えて問題を出題してくれるのです!

これまでは、

「この単語覚えたっけ?」

と人間が頭を悩ませて、復習するべきカードを割り振りしていたのが、このiKnow!ではアプリが代わりにやってくれてしまうということです!

もう無駄な時間を使うことはありません。

さらに、収録単語数も4000以上。

これからも増加する予定です。

これ以上のアプリはないと現時点で言い切ることができます。

デメリット

このアプリは有料です。

年間契約プランで780円/月

「いきなり年間契約は・・・」

ということであれば1480円/月を試してみることもアリです。

それでも、有料アプリは嫌だ。というのであれば、

無料体験を試してみるのはいかがでしょうか?

iKnow!では無料体験を実施しています。

メールアドレスの登録だけで5回無料です。

しかし、まだほかにも無料でiKnow!を手に入れる方法があります。

それは、DMM英会話に登録することです。

iKnow!はDMMが提供しているサービスなので、DMM英会話利用者は無料でiKnow!を使用することができます。

実は僕もその一人です。

iKnow!で学んだ英単語をDMM英会話で実践することが最近の楽しみになっています。

 iKnow!に関してはまた別の記事で詳しくその素晴らしさについて触れようと思います。

英会話

このスペースだけで紹介しきれない良さがiKnow!にはたくさんありますので、ぜひ興味を持った人は無料レッスンだけでも試してみてください。

オンライン英会話ランキング ”自分だけの”おすすめスクールの選び方

三ヶ月間DMM英会話を続けてみた感想とその効果

【体験レポ】毎日一ヶ月間DMM英会話を実践!効果はあるのか?

[adSense]

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。


:表示されているコードを入力してください。