実写進撃の巨人後編は夢オチ?あの有名な小説をパクっている?

[adSense]

(2015/09/19追記)見てきました!!

→【ネタバレ考察】くっそつまんない進撃の巨人後編The end of the worldを見てきました

「無料で」しかも「高画質で」映画を見る方法があるんだとか

夢オチ

後編は脚本家オリジナルの作品らしい

 町山

進撃の巨人の後編『進撃の巨人 END OF THE WORLD』がついに公開されます。

もちろん僕は前編を見てきました。

→【ネタバレ】実写進撃の巨人の考察。エロは必要だったのか?他

9月19日公開です。

さて、それにあたってこの作品の脚本家であり、人気映画評論家でもある町山智浩さんがラジオに出演しました。

書き起こしはこちら(外部サイト)

2015/9/15たまむすび(世界は数字で出来ている)

それによると、今回の後編は町山智浩のオリジナルのストーリーなのだそうです。

町山智浩:後編は、ほとんど僕が作った話になってるんですよ(笑)

こんな風に言っています。

前編はコミックスの内容で言えば「エレンたちが初めて巨人と闘う」ところまでのストーリーを基に脚本が作られていましたね。

しかし、後編は町山智浩のオリジナル脚本でいくようです。

これはプレッシャーがかかるな…

町山智浩はさらにこんな風に続けています。

町山智浩:映画は映画で、それに対して「なぜ巨人は出てきたか」「巨人は何なのか、説明しなきゃマズイよ」って話になったんで。でも、原作にないんで、「テメェで考えろ」って話になったわけですよ(笑)

山里亮太:これ、難しいお題ですよ(笑)

町山智浩:難しいんですよ。映画、前編後編があるんで、後編は謎解きの部分になってて。

山里亮太:ああ、なるほど。

町山智浩:それで、1人で考えられないんで、原作者の諫山先生と話ながら、「こんな感じでまとめていこう」みたいな感じで、今回は謎解き編です。

なるほどなぁ〜大変なんだなぁ〜と僕が思っていた矢先、

次に町山智浩が口にした言葉に僕は唖然としました。

町山『あれだ!』『そういう小説、俺、若い頃に読んだぞ』

hanji

そのセリフがこちら。

町山智浩:そういうことをやってる中で、「壁に囲まれた世界」って、なんか同じような話を僕、知ってるぞってなって。「あ、アレだ!」っていうのがあったんです。

赤江珠緒:なんだ?

町山智浩:「そういう小説、俺、若い頃に読んだぞ」って。それ、凄く有名な小説なんで言いません。分かっても言わないで。

町山智浩が思いついた『すごく有名な小説』。

わかりましたか?

ヒントは

  • 壁に囲まれた世界
  • 小説
  • すごく有名

という3つです。

僕はすぐにその小説の題名が頭に「ぴーん」と来ました。

もう少しヒントを付け加えるなら、

  • 後編の題名『END OF THE WORLD』

が最大のヒントですね。ほぼ答えと言っていい。

もしかしたら重大なネタバレかもしれないので、楽しみにしている人はそのまま映画館へGO!

知りたい人だけこの先をお読みください…

[adSense]

町山智浩が思いついた『凄く有名な小説』。

それは

村上春樹の『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』

haruki_murakami

です。

読んだことのない人の為の簡単あらすじ

暗号を取り扱う仕事をしている『私』と、壁に囲まれたファンタジックな世界に迷い込んだ『僕』の物語。

『私』はシャフリングという特殊な暗号を実行することを依頼される。

しかし、それがきっかけとなり暴力的な集団に追われる身となってしまい、同時に自分の死期が近づいていることを知る。

一方『僕』は自分の『影』を壁の門番に奪われ、壁の中で古い夢を読み解く仕事を与えられる。影を奪われたことにより日に日に心が失われていくことに『僕』は気がついていた。

『私』は自分の死を避けるため、

『僕』は影と心を取り戻すため、

それぞれが奔走していく…

村上春樹を好きになるきっかけとなる本NO.1の超人気作です。

ところで、『ノルウェイの森』から村上春樹に入った人は8割が村上春樹を嫌いになると言われています(筒井調べ)

それで村上春樹を読まなくなる人が多いんです。

なんともったいないことか…

そういう人達は黙ってこの『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』を読むべきだと思いますね。名作です。

さて、

町山智浩はラジオでこの『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』について以下のように続けています。

町山智浩:その有名な小説は、世界が壁で終わっちゃうんで、それに引っ掛けてるんですね。

山里亮太:ああ。

町山智浩:『世界の終わり』と、『世界の果て』を引っかけてるわけですね、小説は。僕もそれをやろうかなって(笑)

赤江珠緒:へぇ。

町山智浩:めちゃくちゃ有名な小説なので(笑)ちょっとそれをやろうかなって(笑)凄く説明しにくいですが。

この部分わかりづらいので解説します。

わかりづらい部分はここ↓

『世界が壁で終わっちゃうんで、それに引っ掛けてるんですね』

ここの部分がどういう意味か説明をします。

村上春樹の『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』では、

『僕』が迷い込むファンタジックな世界(=世界の終わり)をとりかこむ壁があるんです。

imge353d279zikdzj
(巻頭の挿絵地図『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』)

そして、この壁がこの世界の末端なんです。壁より先には世界がない。

この『末端』つまり『はじっこ』を英語で『END』といいます。

つまり、

世界の終わり = The END of the world

というのは文字通り『世界の終わり(END)』である、という意味であると同時に

『世界の端っこ(END)』であるという両方の意味が含まれているんです。

というようなことを町山智浩は言っているんです。

おわかりいただけたでしょうか。

まーそんなことはどうでもいい。

実はもっと重要な問題が町山智浩の発言には隠れています。

それについて今度は見ていきましょう。

進撃の巨人はまさかの『夢オチ』の可能性!?

shame

さて、ここで僕が動揺していることがある…というお話をします。

なぜ動揺しているのか。

それは、

実写進撃の巨人が『夢オチエンド』もしくは『妄想エンド』で終わるんじゃないかという可能性がある…という心配が出てきたからです

僕がなぜそう思ったのか?

それは町山智浩の以下の発言が原因です。

町山智浩:めちゃくちゃ有名な小説なので(笑)ちょっとそれをやろうかなって(笑)凄く説明しにくいですが。

(中略)

町山智浩:現実、僕たちが住んでるこの現実の日本と、どういう風に繋がるかってところを観てもらいたいですね。

赤江珠緒:ええ?!現実の日本と?

町山智浩:今、我々が暮らしてる日本と、どうやって話が繋がるのかな、と

町山智浩が口にした

  • それをやる
  • 現代と繋がる
  • 話が繋がる

この発言が僕を悩ませているんです。

この3つ。一見するとなんでもないような発言に思えます。

でも、実はこの発言は『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』のオチを知っていると大きな意味を示しはじめる。

なぜなら、『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』のオチは…

別々に見えた二つの世界が繋がる…というオチだからです。

さっき上で紹介したあらすじを思い出してください。

『私』と『僕』の二つの世界が舞台だと説明しました。

二つの世界はどんな世界かというと、

『私』の世界…東京メトロが出てきたりする日本が舞台(現実)

『僕』の世界…一角獣、影と話せる、などのファンタジック世界

です。

しかし、小説が進むにつれて読者はこの二つの世界が実は『繋がっている』ことに気がつくようになっているんです

具体的に言うと、

『僕』のファンタジー世界は『私』の頭の中にある別の世界なんです。

未読の人は『意味分かんねぇ(´Д`)』って感じでしょう。それで正解です。なんとなく雰囲気を理解できればOKです。

さぁ、『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』のオチを知ったうえで、町山智浩の発言を見なおしてみましょう。

  • 『ちょっとそれをやろうって笑』
  • 『現実の日本と、どういう風に繋がるかってところを観てもらいたい』
  • 『どうやって話が繋がるのかな、と』

どうですか?

嫌な予感しません?

なんだか、

進撃の巨人のあの世界を『頭のなかの世界』だということにして、

現代の日本の誰かがあの世界を夢見ている…

そんなオチがスクリーン上に実現しそうな気がしてきませんか?

お…お…恐ろしい。

そんなオチが映像で上手く表現できるんだろうか。

申し訳ないけど、前編を観る限りでは樋口真嗣監督にその技量はないように思えます。

ちなみに、そういう話の映像表現は何個かあります。
ゲームだけどFF10とか夢を使ったうまいオチですし、昔テレビのNHKだったかの番組で巨人の夢のなかで小人たちが生き続けるために巨人を起こさないようにする…みたいな話を見たことがあります。これうろ覚えなんで知っている人いたら教えてください。

以上が僕の懸念している問題です。

僕は長谷川演じるシキシマを楽しみに行きます

hqdefault-2

まーでもたぶん僕の予想は外れるでしょう!

前に前田敦子主演の「イニシエーション・ラブ」の落ち予想してハズレましたし(笑)

→映画「イニシエーション・ラブ」が持つ1つの大きなミスとは?

僕は今回の『進撃の巨人 後編 The end of the world』は長谷川博己演ずるシキシマ隊長を愛でにいくので、別にお話がつまらなくたっていいんです!

あーたのしみ。

公開日に見に行く予定です!シルバーウィーク初日だから混んでるかもだけど…

観に行った後はちゃんと感想を書きますので、このページをお気に入りに入れるなり、ツイートするなりしておいてくれると見逃さずにすみますよ☆

(2015/09/19追記)見てきました!!

→【ネタバレ考察】くっそつまんない進撃の巨人後編The end of the worldを見てきました

「無料で」しかも「高画質で」映画を見る方法があるんだとか

[adSense]

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。


:表示されているコードを入力してください。